7年目の味噌作り

Category : くらし
「長く生きていると、回想することも増えてきて、それぞれに深い層に、しまわれている。」 ←思い出しにくくなっているという話。

今年もお味噌仕込みました。 そろそろ長年やっているいる気がしてきて、ブログの過去ログを探して確認してみました。7回目だそうです。すっかり備忘録になっている最近の石積みの家のブログですが、マイペースでやっています。

7回目ともなると、それなりにスタイルが出来ていることに気づきます。 シンプルなレシピとシンプルな作業だけに奥の深い発酵食品、お味噌です。次回は新しいことに挑戦したいと思いつ終わるのですが、やっぱりほぼ同じレシピと同じ進行になりました。

こうじいらず

大豆づくりはあきらめ、直売所で購入、地域の味噌作りの定番、青大豆、「こうじいらず」
麹は上田市の山辺糀店さんで。



ほぼ1日水に浸すつもりで、前日の朝、よく洗って3倍ほどの水に浸しました。

これからお味噌になります。

水洗いしたこうじいらず


翌朝、吸水十分で、よ~く膨らんでおおきくなっています。
お味噌は豆炭で煮ます。作業分担も自然に出来てきて、火の準備は主(あるじ)。

1日吸水後のこうじいらず


煮えた大豆を潰して、塩きり麹を混ぜるのも主(あるじ)です。
味噌玉作りは二人で、容器にバシッと投げ込んで空気を抜きながら詰める作業も主(あるじ)です。

味噌玉づくり

最後は、今年も酒粕で粕蓋をして冷暗所に安置。 朝8時に始めて午後2時に終了しました。


作るたびに、伝統発酵食ってすごいな、と。この魔法を発明した人は何者だったのでしょうか。






【きょうのらく】

家の中に入ってくる日差しが段々高く短くなってきました。 昨日から寒の戻りが激しいですが、暖かい日は外に出てまた畑の畝で寝ています(笑)


斜めじゃなくなってきた日差し





関連記事
                         
【一棟貸しコテージ 石積みの家】
【石積みの家 創生期WEBサイト】
【石積みの家 Wrought Iron 】
プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、セルフビルドで石造りの家を作り庭を育てています。景色に溶け込む暮らしが理想。完成までに12年かかった石積みのコテージで一棟貸しのお宿始めました。家族は夫婦2人と愛犬らく。

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
広告
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです