お土産のオオハシ

Category : くらし
昔々、ブラジルに行った時、めったにお土産を買わない我が家がお土産を買いました。
コーヒーの木で出来たブラジルの国鳥、オオハシです。自分で買っておいて申し訳ないのです
が、別に良いものでもないし、帰ってきてみると何故これだったか、まったく不明という・・・
めったに買わないのに買うと謎・・・けっこうこの手のもの、あります、我が家・・・結局ピ
ラニアよりマシだったとしか言えません。

コーヒーの木の鳥 (3)



このオオハシ、今こうして元々ここにいたようにしていますが、実はこの台座にいました。
これもコーヒーの木らしいです。コーヒーというのがブラジルらしいおみやげと感じたん
でしょうね。でも、こういう台座にくっついた鳥の置物ってどうなんでしょうか。はるばる
ブラジルから連れてきて酷い話ですが、そういうわけで何十年も陽の目も見ず、しまい込ま
れ、忘れ去られていたのが、年末の掃除で思い切りました。

「しょうもないものは捨てよう」と。

そう思って取り出した時、落として足のところがボキッと折れてしまいました。増々、しょう
もない流れです。木製なのでストーブでお焚き上げしてお別れしようと思ったんですが、目に
違う素材が使われているのに気づき、分別しなきゃと火の中に放り込むのをやめた時・・・

コーヒーの木の鳥 (2)



主(あるじ)が、「ここに挿したら」と言い出しました。
ケヤキの丸太で作った本棚兼靴入れの柱、主(あるじ)のお手製です。

「あっ!それ面白いかも。」速攻、採用。

コーヒーの木の鳥 (1)



ドリルで穴を開けて、脚をそのままスッポリ差し込みました。



起死回生して、数十年ぶりに居場所が出来たオオハシです。 かわいい!
            
やぁ!オオハシ





..........................................

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援のクリック、お願いできると嬉しいです。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへブログ村 田舎暮らし人気ブログランキングへ人気ブログランキング

..........................................
関連記事
スポンサーサイト



                         
【一棟貸しコテージ 石積みの家】
【石積みの家 創生期WEBサイト】
【石積みの家 Wrought Iron 】
プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、セルフビルドで石造りの家を作り庭を育てています。景色に溶け込む暮らしが理想。完成までに12年かかった石積みのコテージで一棟貸しのお宿始めました。家族は夫婦2人と愛犬らく。

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
広告
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです