雪の楽しみ

Category : くらし
ここ数日、雪国となっている石積みの家地方。大寒並に気温が低かったせいか、田んぼの散歩コースもすっかり雪景色。

このまっすぐな道。田んぼより早く雪が解けます。
濡れた路面に日が差すと(凍ってる場合も)、まぶしくて見れないほど光り輝き、何かに導かれている気さえするという・・・

         「らく、行くぞ! 光の道をいざ、前進!」

光の道


この日の気温は最高も零度前後。雪はサラサラの粉雪。晴れて日差しはありますが、珍しく風もあったので、非常に厳しく寒く、カメラのシャッターボタンを押す手は素手なので、しびれて痛く感じます。






でもそんなことを忘れてしまうのが、こんな時にしか見られない風の模様。強い風が吹きつけて、形が刻々と変わります。エッジの部分が、ヒューーという音と共に、生き物のように煙りながら、変化し続けるんです。

昔、サハラ砂漠に行きました。あの時の、一面オレンジ色の圧倒的な砂丘が、風によって形造られていく様に魅了されたのを思い出します。細かい粒子と、風と時間の作品です。

風の模様






雪の模様でもあるわけで










感触も楽しみました。

足の下の雪は、やわらかくきしんで、
海の近くで育った私には、これまた砂浜を歩く感じに似ていて、懐かしい感覚でした。



「らく、今日は誰にも会わなかったね。」

足跡


..........................................

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援のクリック、お願いできると嬉しいです。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへブログ村 田舎暮らし人気ブログランキングへ人気ブログランキング

..........................................

関連記事
スポンサーサイト



                         
【一棟貸しコテージ 石積みの家】
【石積みの家 創生期WEBサイト】
【石積みの家 Wrought Iron 】
プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、セルフビルドで石造りの家を作り庭を育てています。景色に溶け込む暮らしが理想。完成までに12年かかった石積みのコテージで一棟貸しのお宿始めました。家族は夫婦2人と愛犬らく。

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
広告
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです