やまぶどう

Category : 食べ物
何、これ? わかりにくいですが、

我が家にあるヤマブドウの木

やまぶどう05

あんまり本気で育てていないので、毎年ほんのちょっとだけ実が採れます。 (すみません)

今年は、両手に一杯 枝からはずすとこんなもの

ヤマブドウ01

このわずかなヤマブドウを最も効率よくいただくには・・・・・そのままで?
でも、野生のものって、(植えたものですが) 所詮果肉はおまけ、申し訳程度。 種が主役の世界です。
皮から出してみる中味は、あまりにも寂しい・・・・(でも、味は甘酸っぱくておいしいです)

それより、ヤマブドウの価値は皮にある。中味だけ食べてどうする。。

そこで、当然の選択。 やっぱりジュースってもん?

やまぶどう02

裏ごしにかけながら、絞りました。

やまぶどう03

けっこうギーギー絞っちゃいました。

まるで、本当に大丈夫なのかと思う、外国の料理番組のような、大雑把な扱い。。。。

でも、こんなしかないヤマブドウ、、思わず力、入りました。

そして、完成。(って、あっという間ですが)

ヤマブドウジュース

やまぶどう04

期待以上の量に、主(あるじ)と二人で、一気に、ぐいぐいっと、各自2回分のぐいっ

「うまっ!」 今年、一年分の味。 


昔、郷里で山に住んでいる親戚が
お土産に持ってきてくれた 「ヤマブドウジュース」 は子供心にごちそうでした。
芳醇で、ほんのちょっとの量で十分満足なリッチさ。

一升瓶でくれたけれど、あれだけの量を採るには、
どれだけヤマブドウがいるんだろうと、今、感じ入ります。
恐らく、もっと何升も造ったのだろうし、、、
栽培していたとは思えないから、山に採りに行ったんだろうとか、、
昔の山の暮らしを想像します。

そうやって作るヤマブドウジュースは、絞ってすぐ飲むのではなく、
皮ごと潰したまま少し放置しておくみたいです。
あとから漉して、さらに寝かせる・・・
ジュースといえど発酵を続けながら、あの芳醇な香りや、美しく深い済んだワイン色が出てくるんですね。
(絞ってすぐは、色も薄めで、濁った感じなんですよー。)

今度、もう少し余計に採れたら、ぜひ試してみたいです。


あっという間の我が家のヤマブドウジュース、ごちそうさまでした

我が家のヤマブドウの一年が終わりました。


※ 進行中の石積みの家の前に造った石垣の前に、
ヤマブドウをフェンス仕立てで本気で作ろうかという計画が持ち上がりました。 (どこかへ続く・・・)









関連記事
スポンサーサイト



                         
【一棟貸しコテージ 石積みの家】
【石積みの家 創生期WEBサイト】
【石積みの家 Wrought Iron 】
プロフィール

<5年かかって造った石積みの家>

Author:住民B
信州移住後、セルフビルドで石造りの家を作り庭を育てています。景色に溶け込む暮らしが理想。完成までに12年かかった石積みのコテージで一棟貸しのお宿始めました。家族は夫婦2人と愛犬らく。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
広告
「石積みの家」表紙+巻頭特集号
AMAZONへ
らくの出身保護団体さん
らくの兄弟も里親さん募集中!
わんステップ・ぐんま
このサイトでらくと出会いました
いつでも里親募集中
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSリンクの表示
★当ブログはリンクフリーです